アーティスト

徒花プロジェクト

2011年、ボーカル及川ドラムス白倉を中心に結成。

「愛と平和のキャバレーバンド」をキャッチコピーとし、歌謡曲、ジャズ、ファンク、ラテン、ジプシー、シャンソンの要素を取り入れた独自のポップスを演奏する。

夏から秋に掛けて、下北沢音楽祭、すみだジャズフェスティバル、吾妻橋フェスト、渋谷ズンチャカ!、栃木黒磯ジャズフェスティバル、練馬ジャズフェスティバル、ベイサイドジャズ千葉、四日市ジャズフェスティバル、はままつやらまいかミュージックフェスティバル、ふなばしミュージックフェスティバル、高円寺ストリートパフォーマンス、デザフェスに出演。

2016年ファーストアルバム「カタルシス」発売
2016年ファーストシングル「徒花キャバレー」発売
2017年ミニアルバム「ライ麦畑で抱き締めて」発売
2019年セカンドシングル「愛と平和」発売

MISTY

2011年4月20日結成。ファニー山田(V)、キムG(G)、めいぢん(B)、アミーゴ関口(D)、ジーン(AS)
の五人編成。矢沢永吉のバラードを中心にカヴァーしメンバー全員によるアレンジで仕上げる。レパートリーは70曲を越え、月一回のペースで東京、千葉、埼玉のライブハウスで活動中!今回81回目のライブ。検索は、木場ストックMISTYで??

池袋歌劇団

カンヌ国際映画祭に出品した映画の主人公として生まれたガールズロックグループ。
2018年3月にライブハウスデビュー。現在発表されているオリジナル楽曲は、6曲。THE BLUE HEARTSさんから公認で「キスしてほしい」「終わらない歌」、LAUGHIN’ NOSEさんからも公認で「Get the glory」をカバー。
結成1年目にしてシンガポールのASIAN GAMEFESメインステージ・JAPANEXPOMalaysiaメインステージにてパフォーマンス。
観客席では、日毎IKKD(海外での池袋歌劇団の呼称)プラカードを持つファンが増殖し、イベント後の写真撮影会では長蛇の列ができるなど大きな反響を呼ぶ。
他にもZepp DiverCity、大阪梅田TRAD、多摩大学学園祭など大小さまざまなステージでパフォーマンスを披露。活動全てが記録された映画は、カンヌ映画祭はじめ世界の各映画祭に出品中。

bloodless the war

2018年2月結成、4月より本格的な活動をスタートと同時にZepp Nagoya公演他全36本の全国ツアーを2019年3月まで36本を完走。1964が2018年ラジオNIKKEIおとなのバンドで大賞にて優秀賞を受賞。
独自の音楽性が認められ日露の親善大使としてロシアに招待され2019年5月ロシアツアーを成功させました。9月にはTOKAIバンドフェスにて優秀賞を受賞!

私の思い出

皆様御存知!現存する唯一のアドベンチャーロックバンドでございます。さてさて御存知の通り、内容のない歌詞&すぐ歌えるメロディでして。
またまた御存知、アルバム5枚ほどリリースし。これも御存知かとは思いますが、タワーレコード京都店でデイリー&ウィークリーチャートとも第1位を獲得しまして。

いまさら重々御存知と思いますが、昨年に初の海外キャンプも行い、海外版CDもリリースいたしまして。今やすっかり御存知の「ララ嵐電」「三条会商店街のテーマ」などのタイアップ曲も歌いつつ。
そしてこれぞ皆様御存知「NHKニュース」で特集されまして。海外では御存知「私の思い出」の名を捨てて別の名で。知らない?知らざあ言って聞かせやしょうー。その名はなんと「全力探險」!

ここまで言って、まさかとは思いますがほとんど御存知ない方、以後お見知り置きのほど、よろしくアドベンチャー!

瀬戸山智之助

関西・名古屋・東京で活動中のシンガーソングライター。人柄の滲み出た言葉を、そっと語りかけるように渡してゆく。
その言葉や声は、温もり、喜び、時に寂しさや痛みとして聴く人の心に触れ、最後は穏やかな気持ちにする。
これまでに数々のコンテストで受賞し、2017年4月に京セラドームにて行われたオリックス×ロッテ公式戦の国歌独唱を務める。同年12月、楽曲「Silence」が関西テレビ「音エモン」の12月度エンディングテーマに決定。
2018年6月、京都府民ホールALTIにて500人コンサートSOLDOUT。2019年2月より、FMOH!のラジオ番組「五十嵐はるみのソー・ナイス」にサブパーソナリティーとしてレギュラー出演中。

AIRHOPE

小池[Vo,Gt]を中心に、3ピースバンド「airhopes」結成。
(小池[Vo,Gt] 池田[Ba] 三枝[Dr])。
下北沢を拠点に活動。

田中[Gt]が加入し、4人編成バンドとなる。
三枝[Dr]脱退後、石橋[Dr]を迎え、今の「AIRHOPE」に至る。

高砂スーパーバンド

昨年に引き続き、高砂スーパーバンド出演させていただきます。
ジャズのスタンダードや、ラテン、ソウルミュージックでお楽しみください。

メンバー。
竜野みちこ(p)
増田ひろみ(as)
久末隆二(elb)
貝増直樹(ds)
中川家良(g)

新日本フィル金管五重奏

1972年に世界的指揮者小澤征爾に集まる形で誕生した新日本フィル。
創立当時よりクラシックをより身近にをコンセプトにテレビ番組出演などを精力的におこない知名度を上げてきた。
現在でもクラシックのコンサートを中核としながらも、スタジオジブリの作品の演奏なども行なっており、クラシックファンでなくともそのサウンドは映画館やテレビでも必ず聴いたことがあるオーケストラである。
そのオーケストラから本日は特に中心的なメンバーの5名が音楽祭に参戦!普段演奏しているクラシックからは想像がつかないようなアグレッシブでユーモラスな演奏をお楽しみください!

葛飾区ご当地ヒーロー 仮面の守護者ゼロング

『葛飾区の平和は俺たちが守る!!』
仮面の守護者ゼロングは、みんなの笑顔と葛飾の平和を守るヒーローです!
東京を悪の独立国家にしようと企む『悪の軍団デスバル』と戦っています。
結成から9年、仲間は6人に増え強大な力を持つ怪人や幹部のマッチョ大佐、ヤンゴン少将と激闘を繰り返しています。
ゼロング達はみんなの応援でパワーアップします!是非会場でゼロングを見たら、大きな声で「がんばれー!!!」と応援してね☆

和装侍系音楽集団MYST.

現代の音楽シーン」を主戦場にVo「佳上哲也」を核として結成された“激音楽団(Rock Band)”である。
日本人のDNAに眠る「侍魂」を鼓舞し、また構成員各々が胸に抱く様々な「想い」を実現するため、武具を楽器に換え、戦いを歌に代えて、TOKYOに居城を構え、活動する現代のSAMURAI集団。
もちろんその体の通り、古流剣術・居合術、柔術、杖術などの古武術に精通した、有段者であるとともに、無類の歴史や時代劇に関する知識を併せ持ち、京都を本拠地とする「戦国魂」が東京進出の足がかりとして、渋谷DUOで開催した、戦国魂Live2009に出演した際には、会場に集まった、世に言う「歴女」達を、豊富な歴史知識に基づくトークで、大いに唸らせ、喜ばせた。また、楽曲、演奏はもちろん、和服の着こなしや、鮮やかな刀捌きまでもが、観客はもちろん集まった各メディアからも絶賛された。
その後も、ワンマンライブなどの独自イベントの他、川中島での「歴史時代絵巻ながの」や京都での「太秦戦国祭り」など、歴史系イベントに出演を続けている。

一二三四五六

1986年7月20日生まれ 埼玉県出身
シンガーソングライターでありながら、持ち前の明るさとシニカルな物言いでラジオパーソナリティや司会業、落語など活動の幅を広げ、自身をエンターテイナーと位置付ける。
1stシングル「現代 -いま- / 電気ブランを飲みながら」は自主制作ながら初回生産分完売。
2017年7月19日自身初のワンマンライブを開催。
?2018年12月7日に二度目となるワンマンライブ「布石の回収」開催。
同日、2枚目となるシングル「七重の膝を八重に折れ。」発売。
“朝起きたらテーブルの上にゼクシィが置いてあった同棲4年目の男性の心情”を歌った「無口な君、笑顔のゼクシィ」や、下北沢を歩くステレオタイプな若者を揶揄した「マッシュボブで片目が隠れるくらいの前髪を邪魔そうにして歩く細身のそれっぽい人へ」等、現代社会の日常に溢れかえる景色を細かく拾い、独特の視点で描いた楽曲が多くの人々に支持される。
“シンガーソングライター”を自称する女性の行動を皮肉たっぷりに歌った楽曲「ギタ女」が多くの女性アーティストから共感を呼ぶ等、その存在が徐々に広まりつつある。
2019年7月、初の関西ツアーを行い高評価を得る。
今年10月に2度目の関西ツアーを行う等、活躍の場を広げてきている今注目のアーティスト。

細田小学校金管バンド部

私たち細田小学校金管バンド部は、4・5・6年生の音楽大好きなメンバーが集まって、朝や放課後、休日にも練習しています。
今年度も校内外問わず、さまざまなイベントやコンクールに出演してきました。
応援してくださる先生方や保護者の方々、発表の場を与えてくださる地域の方々への感謝の気持ちを忘れずに、部員一同、心を合わせて演奏します。

 icon-arrow-circle-up